銀行のカードローン

p-19数あるカードローンの中で銀行のカードローンの良い所は信用があるというところでしょう。
 
消費者の立場からするとカードローンなどの金融商品を申し込もうと思う際には何と言っても基本は信用があるかどうかというところは大切な部分となってきます。
銀行のカードローンは基本的に金利は低めに設定されています。
消費者金融や信販会社のカードローンと比べると圧倒的に金利に差があるということに気が付きます。
金利が低いということは最終的な総返済額も少ないということになりますから消費者から見ると魅力的です。
 
一部の銀行のカードローンではスピーディな融資を売りにしているところもありますが、基本は銀行のカードローンは作成できるまでに日数が必要だと考えておいたほうが良いでしょう。
そうした意味ではスピーディさは消費者金融系のカードローンには敵わない部分だと言えます。
 
銀行のカードローンに関しては貸金業法が絡んでこないため原則として所得証明書不要となっています。
融資金額が100万、200万や300万と大きくなってくると所得証明書不要ではなくなる場合もありますが、必要書類が少なくて済むという意味で少額融資においては利便性が高いということが言えるのです。
 
銀行のカードローンの保証会社は信販会社や傘下の消費者金融であったりします。
審査方法や制度の基本形は昔から小口融資を得意としている消費者金融や信販会社の積み上げてきたノウハウを上手に利用することで銀行のカードローンは普及を広めているのです。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ