総括!所得証明書不要

指をさす女性貸金業規制法の改正によってカードローンなどの小口融資の申し込みの際には、消費者金融や信販会社などの貸金業者に対しての様々な融資に関する基準というものが定められました。
そのおかげで消費者も融資の基準というものが明確に理解できるようになりましたし、貸金業者についても融資の方法というものをしっかりと打ち出すことが可能となってきました。
 
そうした流れの中でカードローンなどの申し込みに際し提出する書類関連の中で所得証明書不要ということを打ち出してくる消費者金融や銀行が増加してきたものと思われます。
いわば、サービスの一貫として、あるいは借り手側の煩わしさの削除を行うことによる顧客獲得を目的として行われているのが所得証明書不要のカードローンということになるのです。
 
所得証明書不要となったことで審査の方法が変わったとか審査基準が変わったのではないということを理解しておくべきでしょう。
実際には数万円の融資でも必ず所得証明書の提出を義務付けている大手の消費者金融も存在します。
所得証明書不要というのは金融機関の義務ではないので、何かのタイミングや不都合があったら所得証明書の提出が必要というカードローンが再び一般的になる可能性もあるのです。
今後の運用次第と言った部分もあろうかと思われます。
 
また、所得証明書不要と謳っていても場合によっては所得証明書の提出を求められる可能性もあります。
金融機関が確認しておきたいと思うような属性の人には必ず所得証明書不要とはならない可能性があるのです。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ