所得証明不要で借りれるnavi TOP » どんな人でも所得証明書不要なのか » 所得証明書不要の方が本当に良いのか

所得証明書不要の方が本当に良いのか

考える主婦のイラストお金を金融機関から借りるという行為は住宅ローンや教育ローンなどの一般的なローンであれ、カードローンやキャッシングであったとしても誰もが一度くらいは経験する人が多いのではないでしょうか。
 
そんな時に提出が必要となってくる書類が多いとそれだけでも揃えるのに大変なものです。
提出書類は少なければ少ないほど借り手である消費者にとってはありがたいものなのです。
 
そういう意味では最近の金融機関では標準的となりつつあるカードローンの申込時に所得証明書不要ということは、審査時間も短くなり簡素化される可能性がありメリットが増えたということが言えるでしょう。
 
また、所得証明書不要であることによって審査が有利に働く人も存在するということも確かなようですし、よりカードローンを作成しやすくなったということも言えるのかもしれません。
所得証明書不要であることのデメリットはそんなに思い当たるような事項はありません。
 
考えられることといえばおまとめローンなどを利用しようとするときに、所得証明書不要という基準で考えると大きな額の融資は望めないということくらいでしょうか。
おまとめローンなどを扱っている金融機関は所得証明書不要での融資額は200万円から300万円程度である場合がほとんどです。
それも基本的には銀行です。
この金額以上の融資を望むのであれば所得証明証は必ず必要となってきます。
 
大きな金額の融資を望むのではなく小額の融資であればやはり所得証明書不要のほうがメリットが大きいと言えるのです。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ