所得証明書不要と審査の兼ね合い

所得証明書不要でカードローンが申し込めるということは非常にメリットが有ります。
審査時間の短縮が見込め急ぎの時でも融通がききそうです。
そのうえ、申込時に必要なのは本人確認書類だけとなるので手軽さなども増して利用してみたいと思う人も増えるのは納得できるというものです。
 
確かに大きな額の融資は望むということは出来ないのですが、基本的に小額の融資しか望まないということであれば所得証明書不要で申し込みができるカードローンは大きな魅力だからです。
以前であればカードローンの申込時に所得証明書が必要だったものが貸金業法の改正の影響で所得証明書不要となったわけですが、行われる審査には何らかの影響を及ぼしているのでしょうか。
 
金融機関は所得証明書不要でカードローンの申し込みを受けた場合は、審査の判断基準は申込書に記載された内容や他社からの借り入れ状況などを調べた上で判断を下します。
所得に関しては所得を証明するものがないわけですから借り手の自己申告を参考にするしかありません。
ベースとなるのは各金融機関の今までのノウハウが活かされるということになるようです。
所得以外の勤務先や勤続年数や資産などの属性を基に審査が行われるのです。
それだけでも判断をできる基準を金融機関は持ちあわせているということが言えるのです。
 
所得証明書不要であっても審査のハードルが低くなっているわけではないのです。
ただ、審査のチェック項目が減るということになりますので、審査にかかる時間の短縮には一定の効果を発揮していると言えるのです。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ