所得証明書不要で注意したいこと

注意所得証明書不要となったことでカードローンを作成するというハードルはより低くなったということが言えます。
 
以前であればカードローンの申し込みに際し、揃えなくてはいけない書類として入っていたものが一つ減っただけなのですが、それは手間が省けるというだけでなくいろいろな事情があって所得証明書を出しづらかった人たちにもカードローンを作成できる可能性を広げたということになるからです。
 
もちろん、審査基準が変わったということではないのですが実質的には門戸が広がったことにも等しい部分もあるようです。
所得証明書不要のおかげでカードローンがより誰でも持ちやすくなったわけですが、そこで注意をしておきたいのは便利さゆえの使いすぎです。
カードローンは教育ローンや住宅ローンなどと違って一度作成するとお金の借り入れに際し、審査がいちいち行われるというわけではありません。
利用限度額の範囲であれば何度でもお金の借り入れや返済を繰り返すことが可能となっているのです。
 
それは特別な事情でもない限り半永久的に継続が可能となってくるのです。
つまり、感覚としてはカードローンのカードが銀行のキャッシュカードと同じようなものといった事になります。
銀行やコンビニなどのATMで銀行のキャッシュカードを利用する場合と同じようにカードローンを利用することができるということになるのです。
 
カードローンで引き出せるお金は自分のお金ではありません。
あくまでも借金であるということを肝に銘じて利用することが大切です。
くれぐれも必要最小限に利用することを心がけなくてはいけないのです。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ