所得証明不要で借りれるnavi TOP » 色々な所得証明書不要のカードローンを考える » 所得証明書不要で不利になることはないのか

所得証明書不要で不利になることはないのか

疑問カードローンをできるだけ早く手に入れるためには手続きが簡略化されているとか、審査スピードが早いといったことが必要となってきます。
その両方共にクリアできるのが所得証明書不要のカードローンということになります。
 
以前は所得証明書が必要であったカードローンが所得証明書不要で申し込みができるようになったのは貸金業法が改正されたことにあるのですが、実際に所得証明書不要となったことで申し込みを行う消費者にとって不利となるようなことは起こってはいないのでしょうか。
 
現実的には所得証明書不要となったことでの不利な条件というものは消費者にとっても金融機関にとってもこれといって見当たるものはありません。
消費者にとっては揃えなくてはいけない書類が減ったわけですし、そのおかげで役所まで所得証明証を取りに行く労力や取得するための費用もかからないというわけですから利便性が高まったといっても良いでしょう。
 
金融機関にとっても所得証明書不要ということは審査項目が減ることに等しいことになりますので、よりスピーディー化が見込めることとなりメリットが有るのです。
所得証明書不要となるおかげで審査関連項目が不利になるのではないかと危惧する人もいますが、誰もが所得証明書不要なわけですから、こうした心配は不要といえるでしょう。
 
ただし、場合によっては所得証明書の提出を求められる場合もあります。
そうした時には素直に提出ができないと融資自体が受けることができなくなる可能性もありますので注意は必要です。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ