所得証明不要で借りれるnavi TOP » 所得証明書とカードローン » 所得証明書不要での借り入れはどんな時にできるのか

所得証明書不要での借り入れはどんな時にできるのか

金融機関から借り入れを行うという際には、色々な商品があります。
教育ローンや住宅ローンのようなものもあればキャッシングのような小口融資のものまで様々です。
 
そんな中で今、話題のカードローンなども手軽に借り入れが可能となっている商品として検討する余地があるものとなります。
カードローンなどを作成するときは本人確認のための書類はもちろん必要となりますが所得証明書不要の場合も結構あります。
それはいったいどのような場合なのでしょうか。
 
消費者金融からお金を借りようとした場合には50万円までの希望額であれば所得証明書不要で申し込みが可能となっています。
ただし、他の消費者金融や信販会社などから借り入れを行っている場合は合計金額が100万円を超えるような場合ですと所得証明書の提出が必要となってきます。
 
銀行でカードローンを申し込む場合は原則として所得証明書不要となります。
ただし、一定の金額を超える融資を実効する場合は所得証明書の提出が必要となってきます。
 
ただ、所得証明書が必要となる金額は銀行によってマチマチです。
100万円以上の希望額で必要となる場合もあれば200万円、300万円まで所得証明書不要という銀行もあるのです。
そのため、借り入れの際には必ず確認をしたほうが無難だと言えます。
 
いずれの場合も50万円以下の様な小口融資には所得証明書不要となるのですが、個人の属性や今までの返済動向などによっては少額でも所得証明書の提出を求められる場合もあります。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ