所得証明書不要が良い理由

電球のイラスト所得証明書不要というカードローンが増えてきています。
それは消費者金融や信販会社に銀行に至るまでもはや一般的と言っても良いほどになっています。
 
一昔前までならお金を金融機関などで借り入れをする際には本人確認ができる書類の他に所得証明証の提出は当たり前となっていました。
これは融資を行うかどうかの全ての判断が金融機関の判断で行なわれていたためと思われます。
現在では貸金業法の改正や総量規制の実施の影響が大きく所得証明書不要となっているのです。
 
借りる側の消費者にとって所得証明書不要ということは非常にメリットが有ります。
それは源泉徴収票や課税証明などの書類を役所などで取り寄せたりコピーしたりする手間が省けるからです。
日頃は必要となるような機会が少ないような書類ですから当然、手元には持ち合わせていなかったりするのが普通なのです。
 
所得証明書不要のメリットは他にもあります。
書類を揃えるという手間が省けるわけですから手続きに要する手間が省けることとなり、カードローンの発行までに要する時間が短縮されることにもなるのです。
急いでいる場合などは非常に助かるということになり、最高に早ければ即日でカードローンが発行されることもあるのです。
 
金融機関にとってはサービスの一貫として実施している側面も多いようですが消費者にとってはより手頃に、より身近にカードローンを利用することができるようになってきたということが言えるのです。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ