必ず所得証明書が必要なローン

家所得証明書不要で借り入れができるローンというものは基本的には小額の融資が対象となります。
小額の融資の代表的なものがカードローンやキャッシングということになります。
それ以外のいわゆる一般的にローンと呼ばれているものに関しては所得証明書が必要となるのが通常です。
 
それは住宅ローンであったり、自動車ローンであったり、教育ローンといったものです。
いずれもそれなりに大きな金額の融資になる可能性が高いものばかりとなっていることがわかります。
 
カードローンに関しても貸金業者である消費者金融や信販会社に関しては50万円までの小口融資は所得証明書不要となっていますが、それ以上の額の融資に関しては必然的に所得証明証は必要となってきます。
 
また、いくつかの貸金業者から借り入れがある場合は合計借入額が100万円を超えるようなことがあると所得証明証の提出が必要となっています。
貸金業者ではない銀行に関しては50万円という上限はありません。
各銀行の判断で所得証明証の提出を求める融資額が決まっています。
銀行はすべて統一であるというわけではないのです。
 
カードローンを作成できるのは定職に就いていて毎月決まった収入があるということが前提です。
そのため、収入が不確定であるとかほとんどないのではないかと思われるような人は基本的にはカードローンを作るにはハードルが高い可能性があります。
仮に作ることが出来たとしても所得証明証の提示を求められることもあり得ると思っておいたほうが良いでしょう。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ