個人事業主で所得証明書不要

ガッツポーズする男性所得証明書不要のカードローンは書類の提出の煩わしさも軽減され、融資実行までの段取りも比較的スムーズに運ぶので手軽さは抜群であると言えます。
しかし、この所得証明書不要という場合はすべての人がというわけではない場合があります。
それはお金を借り入れしようと思っている人が個人事業主の場合ですと必ず所得証明書不要とはならない場合もあるようなのです。
 
サラリーマンであれば所属する企業も明確で支給される給料もしっかりと自分に入ってくることになります。
しかし、個人事業主というのは自分自身が基本的には代表者で個人で営業を行っているということになります。
個人事業主に入ってくるお金というのは個人の給料として扱うのか事業資金として扱うのかという線引が非常に難しいものとなっています。
そのため個人の収入に関しても確定しづらい、明白でない部分が多くなってしまうのです。
そうした理由により個人事業主の場合は自己申告による申込書の記載内容を確認されるといった場合が発生するのです。
 
つまり、原則として所得証明書不要となっていても実際には申込時に所得証明書の提出を求められる可能性もあるということなのです。
この対応は金融機関によって違いが出てくるようですので必ず所得証明書の提出が必要とは言えません。
業者によっては所得証明書不要の場合もあるのです。
 
いずれにしても、このように個人事業主の信用というのは一般的に低いものだと理解しておいたほうが無難です。
カードローンの申し込み時には念の為に所得証明書を準備しておいた方が良いかもしれません。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ