カードローン申し込みの流れ

パソコンカードローンはこの数年で広く普及して抵抗もなく1枚持っているという人も多いようです。
そのカードローンの申込みは簡単に行うことが可能となっています。
店頭で申し込んだり郵送で申し込むことも可能ですが最近はネットでの申し込みというのが一般的となってきています。
 
ネットで申し込む際には銀行や消費者金融などのホームページから申し込むということになるのですが、名前や住所の他に勤務先や自宅の居住年数や勤務先での勤続年数や年収、資産や他社からの借入額などを入力して申し込みを行うことになります。
この入力をした事項が融資をされるかどうかの大切な判断資料となりますので間違いのないように入力する必要があります。
どうにかして有利に融資を受けようと虚偽を入力してもすぐにバレますので真実を入力しましょう。
 
審査の際には本人確認の連絡が電話で入る事が一般的です。
審査をスルーできたら運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を送ることになります。
希望融資額が基準以内なら所得証明書不要となります。
 
後はカードが手元に届くのを待つのみという段取りとなります。
最近は所得証明書不要の場合が結構ありますので以前と比べるとカードの発行までの手続きはかなりスピーディーになっていると言えるのです。
 
もちろん、カードローンが発行されるのは誰でもというわけには行きません。
大前提として定職に就いているということと毎月決まった額の収入がある人に対して信用があるとみなされて発行されるものなのです。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ