所得証明不要で借りれるnavi TOP » 所得証明書不要なカードローンとは » いくらの借り入れから所得証明書不要なのか

いくらの借り入れから所得証明書不要なのか

いったいいくらの借り入れなら所得証明書不要でカードローンを申し込めるのでしょうか。
 
これは各金融機関によって対応がマチマチとなっています。
ベースは貸金業法によるところとなりますので、消費者金融や信販会社などのカードローンは50万円までの融資であれば所得証明書不要となっています。
 
それ以上の金額の融資を希望する場合には基本的には所得証明書は必要となっていきます。
ただし、借り入れを行っている金融業者が複数に渡り、その合計金額が100万円を超えてしまうような場合にも所得証明書は必要となってきます。
 
銀行のカードローンに関しては50万円という区切りはありません。
貸金業法の縛りを受けないことになるからです。
ほとんどの銀行が小口の100万円程度の融資であれば所得証明書不要となっています。
 
それでもいくら借り入れを行っても所得証明書不要というわけではりません。
一定の金額を超えると所得証明証は必要となってくる場合がほとんどなのです。
その金額は銀行によって色々と定められており横並びで統一金額というわけではありません。
100万円までが所得証明書不要の場合もあれば300万円までの融資に関して所得証明書不要の場合もあるのです。
 
カードローンは便利で何度でも借り入れや返済の繰り返しが可能となっています。
ただ、あまりにも便利なので自分のキャッシュカードのような感覚で使用してしまう可能性があるのが気をつけなくてはいけないところです。
カードローンを利用するにしてもあまり大きな金額は申し込まずに所得証明書不要で借り入れが出来る程度の範囲におさめて利用するほうが良いかと思います。

 
おすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ